2010年02月09日

官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、報道各社による世論調査の結果、資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐり民主党の小沢一郎幹事長の辞任を求める声が多かったことについて、「数字は真(しん)摯(し)に受け止めるべきだ」とする一方で、「聞き方によってはいろんな答えが出てくる。一概に判断できない」とも述べた。

 小沢氏が説明責任を果たしていないとの声が多いことには、「こういうことについては、どこまでも国民の声としてはあるんだろう。ご本人が必要なときに説明をされていくと思う」と述べた。

 小沢氏の問題が内閣支持率の低下を招いているとの見方には、平野氏は「数字の持つ意味が十分に分析されておらず、何とも申し上げられないが、真摯に受け止める。予算が執行過程に入れば理解はいただけると思う」と述べた。

【関連記事】
小沢幹事長「辞任すべきだ」7割超す
みんな「小沢」に右往左往 夏の参院選に照準
内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相
男の退き際とは…引退・朝青龍と続投・小沢、進退の差
鳩山氏「友愛」実現まではひと山ふた山も

窃盗容疑の男、池で水死=重文「観音坐像」盗難事件−福岡県警(時事通信)
小沢氏、幹事長続投を表明 「公平公正な捜査の結果」(産経新聞)
小池百合子氏が「ラーメン大好き小池さん」に(スポーツ報知)
NHK「無縁死3万人」に大反響 「他人事とは思えない」コメント殺到(J-CASTニュース)
政治資金規正法改正に意欲=鳩山首相(時事通信)
posted by タハラ タダシ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)

 千葉「正論」懇話会の第31回講演会が1日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で開かれ、外交評論家で杏林大客員教授の田久保忠衛氏が「日米同盟の危機にどう対応すべきか」をテーマに講演した。

 田久保氏は米軍普天間飛行場移設問題について「米国は国際的な取り決めだからキャンプ・シュワブ以外はだめだと1ミリも譲っていない。日米関係は最大の危機を迎えている」と指摘。政府の移設先の結論を5月末までに出す方針については「日米関係を修復するには名護に持っていくしかないのに鳩山由紀夫首相はまだ『ゼロベースでやる』という。日本の運命がかかっているのだから正面突破する以外にない。その度胸がなければ鳩山さんはのたれ死にして辞めるしかない」と語った。

【関連記事】
名護市長選 米主要紙も一斉報道したその内容とは…
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ
「日米同盟維持へともに努力」 米国務副長官 
【主張】施政方針演説 国益守る決意なきは残念
「中朝は依然脅威、日米同盟は地域安定に不可欠」 駐日米大使が講演

<公選法違反>武山百合子元議員に有罪判決…さいたま地裁(毎日新聞)
<タンク爆発>工場長らを書類送検 安全管理不備容疑 愛知(毎日新聞)
<JR東日本>秋田新幹線の新型車両デザインを発表(毎日新聞)
寛仁親王殿下、不整脈でまたご入院(産経新聞)
<センバツ>入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
posted by タハラ タダシ at 03:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。